ハーフのゲーマーによるブログ

ゲーム全般を紹介していくブログです。 気分次第で更新していきますので、どうぞ宜しくお願いします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

『Battlefield 3』のプレイに、新サービス「Origin」が必須!?





 世界中のFPSファンが期待する「Battlefield 3」だが、ゲームをプレイするためには、パブリッシャであるElectronic Artsが運営しているデジタル配信サービス「Origin」が必須であることが明らかになった。
 これは、EA DICEのグローバルコミュニティマネージャーを務めるダニエル・マトロス(Daniel Matros)氏がTwitter上でファンからの質問に答える形で明らかになったもの。
「パッケージ版のDVDを持っていても,Originが必要になるというウワサがありますが?」という問いに対し、マトロス氏は「そのウワサは、本当です」と答えている。


海外公式サイトへ

 2011年6月にサービスが始まったばかりのOriginは、以前「EA Downloader」と呼ばれていたPC向けのデジタル配信システムを大幅に刷新したEAの新サービスであり、PCゲームのダウンロード販売だけでなく、PlayStation 3やXbox 360向けソフトのオンライン販売、コミュニティサポートなどのさまざまな機能が統合されている。


「Origin」日本語サイトへ

 PCの場合、ゲームをインストールしてOriginで認証されたのち、Originをアンインストールしてもプレイを続けられるのだが、「Battlefield 3」や「Star Wars: The Old Republic」など、Originの存在価値を向上させる大作の場合、その方法が通用するのかどうかは不明だ。
 常駐型のOriginクライアントは、たとえわずかだとしてもPCのパワーを消費するため、この措置に反発するユーザーの声も上がっている。
また、発売直後にアクセスが極端に集中すると思われるOriginのサーバーを不安視する意見もある。
 利点として、他社のサービスを利用する場合と違ってライセンス料が不要であるため、拡張パックやDLCの無料(あるいは廉価の)リリースといったサービスの拡充は期待できるだろう。

 シリーズ累計で約3000万本というセールスを誇るBattlefieldシリーズは、EA DICEの最新ゲームエンジン「Frostbite 2」が描く驚異のグラフィックスを武器に、2011年末の商戦でActivisionの「Call of Duty」シリーズに挑む。
現時点では、PC版のαテストが行われており,開発もいよいよ大詰めを迎えているはずだ。

これは、PC版の話だよね?(´・ω・`)

俺には関係ねー話だ!(●`・ω・´●)

あ~楽しみだな~(・ω・)


↓ランクリを宜しくお願いします(∩´∀`@)


では(・∀・`)ノシ
スポンサーサイト

| ハ行のゲーム | 16:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://hgb1031.blog.fc2.com/tb.php/22-5d6764ed

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。